マガジンのカバー画像

KIZASHI

88
近畿経済産業局では、企業の変革のための挑戦を捉え、2025・2030年の先、将来を見据えた変化の「兆」として紹介するために、「KIZASHI  [関西おもしろ企業事例集 - 企業… もっと読む
運営しているクリエイター

記事一覧

伝統産業の未来​~技術の応用と承継~(有限会社家具のあづま)

優れた調湿性と防火性から、衣装や財産の保管に江戸時代末期より使われた紀州桐箪笥。 この伝…

木と人を育て、日本の未来をつくる​(株式会社中川)

木を育て、収穫する「林業」という仕事。 環境を守り育て持続可能な社会を目指すためには、木…

オンリーワン技術で​世界の道路交通に革新を​(株式会社創発システム研究所)

株式会社創発システム研究所は、道路関連技術でオンリーワンビジネスを展開し、世界に貢献する…

テクノロジーで空と地上をつなげる​(スカイリンクテクノロジーズ株式会社)

2019年に設立されたスカイリンクテクノロジーズ株式会社は空飛ぶクルマの開発を進めるスタ…

ロボットの動きで示す「存在感」​(iPresence株式会社)

画面上でのやり取りが当たり前となった現在。コロナ禍でのあらゆるイベントのオンライン化は記…

アイデアを技術で“カタチ”に​~大きな器が未来を創りだす~(多田プラスチック工業…

多田プラスチック工業株式会社は、創業100年を超えるプラスチック成型技術が強みのものづく…

社会の変化を捉え、オンリーワン塗装技術で街を彩る​(株式会社光栄プロテック)

独自の塗装技術を持つ株式会社光栄プロテックは、先代から受け継がれる技術を基に、顧客からの新たな要望にも向き合うことで塗装のバリエーションを拡大してきました。全社一丸となって築き上げた実績は、「街中で自社の塗装を見かけることが誇らしい」といった社員の自信につながっています。 職人が生み出す​唯一無二の塗装の表情​株式会社光栄プロテックは、建築商材の金属製品などに対し高級感のある塗装を施す金属特殊塗装事業者です。建物の顔となる出入口建具やエレベーター建具、天井のほか、電車車両な

メーカーの要は「人」​(株式会社をくだ屋技研)

株式会社をくだ屋技研は、創業以来、磨き続けたポンプ技術を活かし、工場や物流センターで使用…

優しい笑顔で何でもつくる、「世界基準」がそこにある(共栄ダイカスト株式会社)

「金型」、それは、製品を製造するために金属でつくった型のこと。 金属や樹脂などの素材を型…

機械屋が米粉普及活動?​~老舗企業の挑戦~​(株式会社西村機械製作所)

株式会社西村機械製作所は、小麦粉の代替となる「パンや製菓に最適な米粉作り」を実現した粉体…

こんにゃくで社会を健康に(中尾食品工業株式会社)

中尾食品工業株式会社は、1927年創業の堺市で唯一こんにゃく・ところてん等の製造・販売を…

若手の「気づき」を養い、顧客志向の真骨頂へ(二九精密機械工業株式会社)

今回取材したのは、精密金属加工部品の制作をはじめ世界初のβチタンパイプ(※1)の商品化など…

「伝統」と「革新」の融合に挑戦(株式会社京都紋付)

株式会社京都紋付は、大正4年から京都「壬生」で、日本の最高級の正装「紋付」の黒染めを行う…

「子どもたちを救いたい」​挑戦を続ける『下町ロケット』モデル企業​(福井経編興業株式会社)

「衣料から医療へ」。 今年で創業79年目を迎える福井経編興業株式会社は今、社運をかけた大きな挑戦の中にいます。​ 創業70余年 ニット生地製造会社の新たな挑戦繊維の主要産地、福井県に立地する同社は、国内最大規模の経編会社(※)です。 大企業から編み工程だけ委託する業態が中心の業界では珍しく、原糸を購入し加工、販売する独立した商流を構築してきました。 100台近くの編み機を使用し、高品質なニット生地を製造してきた同社は現在、心臓修復パッチ「シンフォリウム」の商用化に取りかか